スポンサーサイト

(R18/獣姦/人外攻め/幼馴染/自慰)「人狼」

「人狼」キキキーッッッ!! 悲鳴のようなブレーキ音が、朝靄のかかった色のない田んぼ一面に響いた。 自転車に跨ったまま学ラン姿の少年は、赤いチェックのマフラーに口元を埋め、切れ長の澄んだ目を目の前の民家にじっと向けていた。 家の中から慌ただしい足音が聞こえると、引き戸から同じ学生服と同じような赤いチェックのマフラーをした少年が嬉しそうに出て来た。「おはよう、楓(かえで)」「……さっさと乗れよ」 楓と呼ば...

(R18/先生×生徒/妊娠/自慰/玩具/体格差)「禁断の果実」

「禁断の果実」 「俺……先生の子妊娠したんです……」 少年は恥ずかしそうに笑いながら、腹をさすり男にもたれた。男は少年の陳腐な戯言にも疑う様子はなく一緒にその腹をさすってやった。「……せんせい……舐め……」 少年が言う前に、男は少年の頬につたう赤みがかった涙を舌ですくい、そのまま少年の顔にしゃぶりついた。ああ、甘くておいしい……まるでそう唸るように男の舌は止まらず音を立てて少年の体液にしゃぶりつく。「お祝いし...

(R18/美少年/恥辱/男娼/義兄弟/元ショタ)「少年遊戯」

「少年遊戯 壱」 一、三人の子供「はぁ……はぁ……」 寝静まった暗闇の街に、ふらふらと力なく歩く少年の足音と湿った呼吸の音が響いた。「……もう……終わりだから……」 少年がこう口にすると、凍てつく空気は白く濁り、言葉はか細く消えていった。少年はうつろな表情にただ一点を見つめ覚束ない足取りに、力のない手には数枚の紙幣が握られていた。袖から見え隠れする細い手首には真っ赤な縄の痕がくっきりと浮かんでおり、首には赤...

(R18/初H/大学生/エロかわ)「ヒメハジメをキミと」

「ヒメハジメをキミと」 啓汰(けいた)が今年最後のバイトを終え駅のホームに出ると、大晦日の晩の所為か各駅停車のこの駅が随分人で賑わっているように思えた。啓汰は浮かれる人々を何気なく目にしながら改札に向かうと、すぐ先に文庫を読む友達の姿が目に飛び込んできた。 長身にいつもの黒いモッズコート、フードに付いたファー部分に口をうずませながらじっと下を向いている。「周(あまね)!迎えに来てるなんて知らなかっ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。